お姐さんとナマで
2013.01.07 Monday 22:11 第三艦橋 comments(0)
電話で話をした。

お姐さんというのは第三艦橋の著者であるところの美馬達樹さん。
今夕、天野さんから「今デート中」というメールをもらって、第三艦橋の更新内容について
天野さんのメール経由でやりとりしようとしてたんだけど、うん、まだ時間に余裕あるなら
ということで仕事終えてから電話でお話したという次第。
ことの顛末は、天野さんのブログ『俺様配分』1月7日分に詳しい。
うん、1発目のメールをもらった時、確かに伊助は仕事中だった(笑)。

話の内容は、、、まあボチボチ分かると思うので、その時がきたら改めて公開しようかな。

ていうか、「意外に声が若い」と言われたのが驚き。
自分では昔からオッサン声だと思ってたからなあ。
そういや、初めて自分の声を客観的に聞いて、すごいショック受けたことあるなあ(笑)。

電話では、とりあえず新年のご挨拶をしたけども、なんだか旧知のお二人なんで、
初めてナマ声で話すというのに何の違和感もないというのが不思議な感覚だった。
電話を終えたあとからそう思った。

天野さんにはまたデータの中継役をお願いしますが、よろしゅ〜に。
オフ会も大賛成。伊助は平日なら水曜日が自由になる時間は多いっす。
他の曜日でも平日なら調整は可能というか土日は避けてほしいかな。
と、ここで業務連絡しておけば大丈夫だよね〜?(笑)


つーか、我ながら、いいタイトルをつけたもんだ(自爆)。

comments(0)
コメント:
コメントを書く









NAVIGATION
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
コメント
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.